柔軟審査の汚れを真っ白にする裏技

債務整理のメリット・デメリット(長所と短所)をお教え願います。

債務整理のメリット・デメリット(長所と短所)をお教え願います。独身男性サラリーマンです。年収は約340万円です。趣味の車の改造などで、消費者金融、銀行など5社から合わせて現在約370万円の借金があります。車のローンも残っており、月々の返済が少ないために元金もあまり減らず、先日は初めて滞納してしまいました。債務整理をすることで、借金の返済がかなり楽になるようですが、その後の生活で様々な制約を受けると聞きます。具体的に生活にはどのような支障があるでしょうか?質問者さまのおっしゃるとおり、債務整理をすることで、債務者にとってその後の借金は劇的と言っていいくらい、その後の借金は楽になりますが、若干生活に不便が生じる可能性があります。個人的には、デメリットといっても微々たるもので、メリットの方がはるかに大きいと思います。ひとことで債務整理といいましても、任意整理・個人、民事再生・特定調停・自己破産などがあり、それぞれ特徴があるのですが、傾向としまして債務整理の効果の大きいものほど、その分デメリットも大きいといえると思います。例えば、自己破産などは借金の帳消しともいえますので、官報にのったり、その後一部の職業に就けないなどの不都合があります。その他、信用情報(ブラックリスト)が信用情報機関に事故情報として登録され、一定期間借入が制限されるというデメリットがありますが、質問者さまは返済が滞っているとのことですので、既に信用情報に登録されているでしょうから、これもデメリットといえないと思います。どの債務整理の方法を選択すると良いかは、その人の収入や借入状況によって変わってきますので、借金問題に詳しい弁護士さんに相談するのが間違いないと思います。私も以前多重債務者でしたが、こちらの無料で相談ができる債務整理・過払い金請求に詳しい弁護士さん【http://krp1.net/798】にお願いすることで、長年苦しんだ借金を4年で返済することができました。債務整理をすることで500万円以上あった借金が300万円以上減りましたので、その後の返済がかなり楽になりました。現在は借金も全然ありませんし、貯金がもうすぐ100万円ほど出来るまでになりました。弁護士さんに相談せず、あのままずっと一人で悩んでいたら、たぶんいまでも借金生活を続けていたのではないかと思っています。借金問題の早期解決をお祈りいたします。

最近やっとパチンコから足を洗えました。

最近やっとパチンコから足を洗えました。システムの改悪のおかげで無事にやめる事ができました。改悪にむかついた日もあったけど、今となっては改悪様様です。主な改悪 ・ラウンド数が減った ・1ラウンドの出玉も減った ・クソの役にも立たないモード移行ばっか ・次回当たりが約束されない役に立たない確変 ・激アツくらいじゃ当たらなくなって当然になったその他もろもろこれまで無駄に費やしたお金で車が数台買えた事でしょう。体がタバコ臭くなって、家族から白い目で見られた日もありました。;;あの頃の私は実にバカだと思います。こんな愚かな私の慰めになるようなもっとバカやってしまった体験談はございませんか?これからの私の人生が明るく過ごせそうなお話でもあれば幸いです。てな感じで人生相談って事で。消費者金融で5件、合計300万円の借金を作ってしまった僕は株式投資で一攫千金を得て完済人を目指そうと思い立ち、株式投資必勝本を数冊購入して研究を始めた。僕が株で儲けようと試みた方法は短期的な売買だ。つまり「株を安い時に買って上がるまで長期投資」という王道的な方法では消費者金融うの借金返済には間に合わないので、短期的に大儲けしてそれを借金の返済に充てようと決めていた。そして、ある程度株式投資の勉強が進んだので早速ネット口座で株式トレードを開始しようかと思ったのですが、ひとつ重大な問題があることに気づいた・・・・。それは・・・「投資するお金が少なすぎる!!」・・・ということです。当時の僕が自由に株で使える手持ち資金が30万円しかなかった。これでは十分なトレードができない。僕は信用取引を利用して株式トレードを行おうと思っていたのですが、当時僕が利用していたネット証券口座は最低でも50万円なければ信用取引口座が開設できなかった・・。逆に50万円さえあれば、信用取引の口座開設ができ、レバレッジ3倍の最大150万円の株取引が可能になる。現在の投資資金が30万円だから、なんとしても残り20万円をどこかで調達しなければ株の信用取引ができない。僕は決断した!!「消費者金融で借りよう!!」・・・と。これを見て、「サラ金でお金を借りてそれで信用取引の株式投資をするなんてなんて馬鹿な奴だ!」と思う人もいるでしょう。しかし当時の僕は必死だったので馬鹿な行為も馬鹿とは思わないくらい判断力を失っていたのです。とにかく残り20万円を調達しようと融資してくれる消費者金融を探し求めました。僕が大手消費者金融でまだ利用していないのは、「アイフル」と「三洋信販」だ。三洋信販は九州の消費者金融なので東京には無人契約機が見当たらなかった。そこで僕はアイフルで借りようと無人契約機に向かった。申込時の融資希望額を最高額の50万として申し込んだ。結果は5万円だけ借りれた・・・。希望額の50万円の10分の1とは・・・・。僕はガッカリする反面、既に他社5件300万円借りている事を考えれば当時のアイフルも柔軟審査だったんだなぁと納得した。しかし、5万円だけではまだ足りない。あと15万円の種銭がどうしても必要だった。アイフルの融資審査が終わって間髪をいれずに次に融資先のターゲットとして「アイク」の無人契約機に行って融資審査の挑戦をしてみた。結果的にそれが良かった!!後で聞いた話ですが、アイクは当時激甘審査で有名な中堅消費者金融だったのです。他社7件~8件でも借りれるケースがあるとのことです。ちなみにアイクは現在はディックに吸収されました。僕は結果的にアイクで30万円もお金を借りれました。この時ばかりはアイクに対して「神だ!」と思ったものです。20万円の融資目的で結果的にアイフルとアイクの2社で35万円を借りれた僕は凱旋帰宅した!「これで株の信用取引ができる!!」・・・と武者ぶるいしたものです。僕はネット証券口座に信用取引開設の最低条件である50万円を入金して残りの15万円を万が一の時の予備資金とした。信用取引口座開設まで3日ほどかかったが、これで僕は50万円の3倍の150万円の株取引ができる条件がそろったのである。しかし、そのおかげで僕の消費者金融の借入件数が7件になってしまった・・。「これはなんとし
ても株で儲けて挽回しないとヤバいぞ・・」と自分の株式トレードの成功をただただ祈るばかりだった・・・。しかしながら・・・・・・・・・・・・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です